Particle.

Part of the art of my article sparkles in particle.

女性専用車両に物申しました。

先日、初めて女性専用車両に乗ったのです(はからずも)。


私は「話を聞かない男、地図が読めない女」には痛く共感した部類の
男女(脳)は異なる生き物論の女ですが

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く



あれはあきまへん。
あの区別は、あきまへんわ。




理由と改善案を書いて、実際に東京メトロさんに送っておきました。
だいたい以下みたいな感じです。




男性だらけの隣の車両で女性が罵声を浴びているのを見た

「隣にお前らの専用車両があるのに、なぜこっちに来る。こっちが混むから迷惑なんだよ、空いてるんだから隣に行け!」
と、連結部分付近で男性に怒鳴られている女性がいました。彼女はそのまま、専用車両に移ってきました。
隣の車両にいた女性こそ、「男性たちを信じてるよーあなたたちは痴漢なんかしないよー」という思いで隣にいたかもしれないのに、なぜいがみ合わなければいけないのでしょうか?悲しいお話です。

ですが男性の気持ちも分かります。いつも乗っていた先頭車両を追い出されて、隣の車両は男性でぎゅうぎゅうづめ。ふと隣を見るとスカスカの女性専用車両。そしてなぜか、すぐ隣にぎゅうぎゅうで乗っている女性。お前(-_-)いけよ(-_-)隣(-_-)一人分でも空きをくれよ(-_-)そう思ってしまう気持ち、わかります。


→けんかはごめんだよ。なかよくしようよ。
それならいっそ隣は男性専用車両と銘打ってほしいよ。



数少ない痴漢犯のために数多くの罪なき男性たちが不便を被るのはきっと多くの女性の望むところではありません。

女性専用車両って隅にあったりしがちだと思いますが、
その隅が下車駅の目的の出口に一番近い男性もたくさんいるようで、
とある駅で、隣の二両目からスーツの男性たちがものすごいダッシュで階段に向かっていくのが見えました。
彼らこそこのラッシュ時に隅の車両に乗って一秒でも稼ぎたい善良な市民な(きっと)はずなのに、数少ない犯人のために、隅の車両に乗れず、その分ダッシュして階段を駆け上っているのだろうかと思うと悲しくなりました。


→「女性専用車両」でなく「女性優先車両」ではだめですか?
どうしてお年寄り・妊婦さん「優先」席で、女性「専用」車なのでしょう?
「ぼくは痴漢なんかしません!」っていういたいけなお急ぎの男性は乗ってもいいようにできないですか?



被害にあわれた女性の恐怖と、そういう方たちにとっての専用車両のありがたさはよくわかっているつもりです。

それはそれは嫌な体験だろうと思います。
だから女性専用車両がある意味は理解しているつもりです。
でもだとしたらそれとまったく同じ理論で、男性で痴漢にあわれた方たちの恐怖はどうなるのでしょうか。

男性がターゲット 表面化しにくい痴漢被害の実態 | Spork!
女性だから守る、男性は守る必要ない、というこの「女性専用車両」ってなんでしょうか?



→本来なら「痴漢にあいたくないすべての方優先車両」であるべきなのではないでしょうか?


でもそもそも羊を狼からかくまうだけでは狼は次の獲物を探すだけで減りません。

取っ捕まえて懲らしめないといけないはずです。いたいけなお急ぎのサラリーマンたちのご協力を仰ぎつつ他にすることがあると思うのです。
間違っていない人が変化を強いられて、間違っている人がのうのうと生きている世界なんておかしいと思うのです。


→同時進行で防犯カメラを設置していただきたい。「防犯カメラ作動中」のステッカーだけでもいい。逃げ回るだけでなく、実際にとっつかまえたり、やめさせたりする対策がほしいです。







まとめると私の提案としては

梅プラン 女性優先車両、の隣を男性優先車両、にする
↓男性車両キモいよスカスカになるわというなら
竹プラン 一両だけ、「痴漢にあいたくない全ての人優先車両」にする
↓なんだよそれ普通車両といっしょじゃんていうかその一両余計混むよというなら
松プラン 防犯カメラ(系のもの)を全車両につける

です。


そのうえで、私たち個人にも痴漢は絶対悪だ、とっつかまえてやるという認識が必要だと思います。
「サインを決めようぜ!大声あげなくてもみんなで助け合えるように!
じゃあ、突然腕をあげて武藤みたいなキツネポーズね!!
そういう人がいたら痴漢にあってるからね!絶対助けてあげようね!」
みたいなさ、よくわかんないけど。鉄道会社に頼らない自助の仕組みはあわせてあるべきだと思います。



とにかく、少数の悪のために、男女がいがみ合うのはおかしいと思う。
私はもっと、世のなんの罪もない多くの男子と仲良くしたいです。