読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Particle.

Part of the art of my article sparkles in particle.

歳取って同世代と同じ方向むくこと減ったな。

ふと、思った。
友達や好きな人たちと、同じ方向向くこと減っちゃったなー、と。




若かりし頃は、
バーのカウンターとか
クラブとかフェスとか
遊ぶにも、友達の顔見ないでも楽しめる居場所に好んで出没してたんだけど、





最近は、
飲み会にしても
ランチにしても
がっつり、顔見ないといけない場所ばっかりで、
そりゃあ、疲れるよ。






人と向き合うのも大事だけど。
同じ方向向く機会ってすごい必要なことなんじゃないかなと。とくに、同世代と。




そもそもみんな、同じ時代を生きる同志で、
そりゃあいろいろだけど、それぞれそれなりにもがいてて、
泣いてる顔をみないふりして隣にいてあげることだってできるし、
人にどう見えるかなんて気にしないで爆発したいときだってあるのにさあ。


向き合ってばかりの生活じゃ、
なんかいつの間にか敵みたいで、
監視しあって、うかがって、牽制して、
同志だったはずの人も、あらがいちいち目について、憎たらしくなってくる。






だからやっぱり歳取っても、
好きな人たちと同じ方向向ける場所は大切にしないとなと。
思った、ですよ。



クラブもライブもまだまだいくよ。
あのバーのマスターにも会いにいこう。