Particle.

Part of the art of my article sparkles in particle.

テクノロジーは、人生だ。

起動
起きる。


パスワード
自分の本質、中身へのアクセス権は、自分だけが持っている。まったく制限をかけないオープンな人もいる一方、挙動の全部にいちいち制限をかける人もいる。


ソフトのインストール
さまざまな技術と知識を習得し、できなかったことができるようになる。入学入門就職。


ソフトのアップデート
習得スピードおよびクオリティに変化があらわれる。転校転籍昇進転職。


ソフトの削除
その技術知識は自分の人生に必要ないと判断し抹消する。退学退職退役。


同ソフトの再インストール
あ、やっぱりあれ要ったわごめん。ってなる。


ホーム画面
重視している自分の技術知識をわかりやすく整理し、私はこんな人です。ということが表現される場所。適宜編集する。


ウイルス
たまに病気になるが、だれかが作ってくれた薬で治る。かかりつけ医(バスター)は決めておいたほうがいい。


フリーズ
何かの出会ったことのない衝撃的な経験に心が固まり何もできなくなる。


再起動
誰かの手で、あるいは自分で勝手に、立て直す。


キャッシュ削除
ソフトで獲得する技術知識のなかにはどうしても無駄なものが紛れ込んでしまうため、キャパオーバーになってクラッシュしないようこまめに見直し削除を行うとよい。


OSバージョンアップ
すべてのソフトに変化をもたらす、画期的な精神身体環境の進化および劣化。革命。起きているときに行われることが多いが、寝て起きたらいつのまにか完了していることもある。


シャットダウン
寝る。


バイス破損
生死をさまよう外傷。外科へ。


ハード損傷
生死をさまよう精神、臓器の損傷。精神科、内科等へ。


修理
善意ある人の手で回復する。このときだけは自分では絶対に回復できない。お金もかなりかかる。


修理不能
死。ハードが生きていれば、移植。


デバッグ
存在の過程で得た失敗の情報は実は知らぬ間にどこかのだれかに送信されていて、改善する人がいる。存在していたことは決して無駄にはならない。