Particle.

Part of the art of my article sparkles in particle.

業界に好きになれる人がいないという致命傷。

今関わってる業界にいる人たちが、ぜんぜん好きになれなくて、あの人と友達になりたい、あの人みたいになりたいと思える人もいないということが、もしかしたらとてつもなくよろしくないこと、なのではないかと思うようになった。
(業界、ですよ。会社、ではない。)
 
 
 
 
・女の人※イメージです
頭のいい女子大卒みたいな人。
白とか薄いピンクのスカートスーツとか着てそう。
化粧もなんか嫌い。「なんか」。
高層タワーマンションが好きそう。ニコタマラヴ。
一人でも生きてけます感がすごい。それ自体は尊敬すべきことだし、本人もそう思ってるわけではないと思うけど、それをフェロモンレベルで出しちゃう。
適度に上から目線で見えないバリアがすごい。なくせして、男性に取り入るのも妙に巧い。
シモネタとか無理そう。
太陽というよりは月タイプ。
猫なんだけど、その中でも唯一好きじゃないシャム猫的な宮殿にいそうな細身のタイプ。
美人なんだけど、かわいらしくはない。
謙虚そうなんだけど、言うこと言う。なくせして、さらに裏でなに考えてるかぜんぜんわかんない。
 
 
 
・男性※イメージです
チャラい。
回をかさねるとだんだん打ち上わせがタメ語になっていく。
威圧感がすごい。
謙虚さはゼロに等しい。
なんかこわい。おこられそう。あるいは打ち上わせ後にエレベーターで死ぬほどバカにされてそう。
シモネタむしろ大好きそう。
月ってよりは太陽なんだけど、なんかメラメラしすぎてもうすぐ爆発しそう。 
犬なんだけど、その中でもあんま好きじゃないドーベルマンみたいなタイプ。
一回信用なくすと二度とつきあってくれなそう。
靴がとがってそう。(イメージ)
 
 
 
・共通
信念がはんぱない。
Facebookが知人の名前とタグ付けのオンパレードで内輪ウケ感がすごい。SNSをたぶん自慢とアピールとコネクション作りのツールだと思ってる。
「メディア掲載」が死ぬほど好き。
性欲が無駄に強そう。
土日もいそがしそう。いわゆるリア充、というか動いてないと死にそう。
寝てたら布団かけるんじゃなくてとりあえず起こされそう。
酔うと説教長そう。
たぶん、人との関係や社会において、私には見えない綺麗なピラミッドや階段が見えてて、それを一個一個着実に昇ってる。
そんなピラミッドや階段の上のほうから私みたいなのを見下ろして、こっちだよおいでー。と満面の笑みで言っている。私のなかではエッシャーの絵みたいに、全員おなじ高さに立ってるのに。
たぶん政治家とかにもいっぱいいる。
 
 
 
 
 
 
私は多分、野良猫タイプです。
適度な陽射しの窓辺で、くだらん家族の会話を聞きながら、布団にくるまることほど幸せなことはありません。
世のなかはアメーバ状だと思ってます。ゆえに一つの信念は必要ない。
 
 
 
この世界で生きてくのは少々ツラいっす。