Particle.

Part of the art of my article sparkles in particle.

さよなら仙ちゃん

仙ちゃんが亡くなった。

 

 

私は仙ちゃんの娘でもおかしくない歳だと思うけど、大学の頃から仙ちゃんのことが大好きで、許されるなら付き合いたい人のうちの一人だった。

 

 

何がそんなに好きだったか、亡くなってからたくさん考えてみた。

そしてわかった。仙ちゃんは私にとって、「失われてく昭和男」の象徴だったんだなと。

 

 

 

ベッキーが、不倫のみそぎだってキック食らったのが大問題になる今。

#metooって反パワハラの社会現象が起きる今。

仙ちゃんの中日、阪神時代の鉄拳教育なんて絶対受け入れられないんだろう。

若い女の子がテレビで、仙ちゃんが怒って人やものをぶん殴るVTR を見て「私たちの世代ではこれはちょっと怖いなって思ってしまうんですけれどもー(笑)」などと言っていた。

 

 

 

違うんだよ、と私は思った。

昭和には、こんな美学もあったんだよ。

「怖いけど、尊敬してるし、大好きだ」という不思議な人が存在したんだよ。

愛情がなければ、あんなに本気で怒れない、というパラドックスを理解できる風土があったんだよ。

それが、父性の象徴であり、かっこいい男のひとつの形だったんだよ。

 

 

 

かくいう私自身、今も昔もへなちょこ人間で。

怒られるのは怖いし、怒られるとすぐ凹んで立ち直れない。だから、人にもそんなに怒れない。怖くしない。

だけど、ことその相手を愛しているとき、私はそれを逃げだと感じていた。愛する人との真っ正面からの付き合いを避けて自分も相手も騙している気持ちをいつもぬぐえなかった。

そんな弱さとずるさを私は昔自分勝手に「女性」に仕分けていて、「男性」にはその逆を求めた。

恐れない。自力で立ち上がる。人にも怒るし、怖い。ただ、その怖さは、何からも逃げずに、真っ向から人と向き合う結果で。相手を本気で見て、本気で愛してるから、怒る。もちろんときに、とびきりの本気の愛情表現も、交えて。

そういう人に憧れた。

 

 

 

仙ちゃんはまさに私にとってそういう「男性」のロールモデルで。

追悼番組で元中日、阪神の選手たちが「こてんぱんに殴られた」というエピソードとともに「だけど、男も惚れる男だった」と表現をしているのを見ていて、ああそうだと思った。私はまっすぐな仙ちゃんが好きで、そしてその仙ちゃんからも逃げずに、惚れると言えるような男性たちが、彼らの本気同士の生き方が、羨ましかったんだなあと。

 

 

 

そういう時代が紛れもなくあった。

今は良くも悪くも間違いなく違う。もしかしたら、私も変わった。優しい人が好きだし、優しい人ばかりに囲まれて生きてる。

 

 

 

 

だけど仙ちゃん、あなたが死んでしまって悲しいし、私はやっぱり、あなたが今も大好きだなあって思います。

いつまでも、あなたみたいな人もやっぱり素敵だよねって言える世界であってほしい。