Particle.

Part of the art of my article sparkles in particle.

映写機に成れなかったステレオの哀愁

 彼が「そら」と言うと空が見え、彼が「ほし」と言うと星が見える。

そして私の頭のなかに、「ここは地球だ。」ということばが、生まれて初めて、わいてくる。

 

彼のフォルテには弾けるトランペットが、彼のピアニッシモにはむせびなくバイオリンが見える。

歓喜や哀愁というのを見たことはないけれど、歓喜の音や哀愁の声があるならこれなのだろう、と思う。

 

音に反応しているのか、ことばに反応しているのか、その両方なのかわからないまま、

彼が泣いてもいないのに私が泣き、彼が笑ってもいないのに私が笑う。

なくしたものや感謝したいものが、ざわあっと目の裏に一気に集まってきて、その渦が感じたことのない感触で感情を押し出す。

 

ああそうか。彼からは「成れないもの」の音が鳴っているんだ。

永遠に在れないもの、ずっとつながっていられないもの、こうありたかったもの、もの、もの、もの、そして、ガラクタな、僕。

そんな彼がガラクタな私や観客をみんな美しい音の糸で紡いでしまって、そのとき空間が一瞬だけ「完全」になる。

 

 

 

そんなふうに私のからだの中に信じられないくらいの莫大で鮮明なカラーの映像を遺しておいて、

それなのに彼本人は、だれかに聞かせるのではなく、ただただ、そこにいて歌っている。

歌っているだけ。

そしていわば、いやあ僕は歌が好きで、好きでね。という演説を、私は2時間ずっと聞いていたんだなと気付かされる。

そのときの、感情は。

 

 

うまれたての赤ちゃんを、抱き上げるときのような。

嘘やけがれを知らない少年の手を、引き寄せて抱き締めるような。

あれはなんというのだろう。神秘のような、感謝のような、畏怖のような想いで、とにかく、笑みが。

笑みが、止まらないのです。

 

 

 

 

 

 

すごい体験だったのであの感情を残さないわけにいかないと思った。

 

という、玉置浩二さんとオーケストラの共演コンサートの感想でした。あーもう絶対また行くわー。

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-